2010/04/16

( ゚д゚)<アシタガコワイヨ

 あー、研修もいよいよ明日で最後……で、最後がなんやらSAN値減少イベントが。まあ勝手にそう思ってるだけでまじめにやれば普通に終わるはずなんですけどねー。
 終わったらついに仕事か……。まあ、初めのうちは半研修みたいな感じなんだろうけどね……。
 働きたくないでござる(´・ω・`)。
 それでは以下コメントレスー。



>蒼龍さん
 久しぶりだなオンドゥル。オンドゥル総本山などという計画、このサイモンが断じて許さんぞ!
 ああ、三月終わり辺りはイベントラッシュでしたからなぁ……。あの時期が一番忙しかった……疲れはしなかったけど。
 書きかけのSS? さっくり形にしておしまいなさい。そうしてお願いすればもしかすればかもよ。最近文明さんSS書いてるのかわかんないけど。(ラストにはあえて触れず

>千さん
 とりあえず売れそうな要素を組み込むことでしょう。それ以外何か1ミリでも考えてたらああはならんですよ普通。
 まったくですね。昔アニメおたくが起こした事件を皮切りに、この手の趣味は理解されないことしきり……。むしろ国外の人々の方が理解してくれてそうな気配すらあるし。
 あくまで外伝的立ち位置だったからなのはは主役から外れたんでしょう。あまり意味はないと思いますが。
 ですね。さっくり儲からないになってもらいたいものですよ。
 一体一つのお題で何年やり続けるつもりなのか……。まあ、一人の主人公でかれこれ二十年近くライトノベル書いている人とかもいるけれど、少なくともその領域にリリカルなのはがないのは間違いない。
 理解されてるねぇ、悪い意味で……。キャラオンリーで持っている作品の末路なんてだいたい決まっているというのに……。
 ですねぇ。もうリリカルなのはは絞っても何も出ない状態でしょう。それでも奇跡を信じて、都築氏は絞るんでしょうね。あるいはトーマ達へのバトンタッチが奇跡の一滴となりえるかもしれませんけど、もうそんな要素が出るとも思えませんよ……。
 そうなんですか……。了解です。

>akiraさん
 いや、一応例のスフィアは破壊対象外だけど、スバルたちのランクじゃ対処も難しかったらしいんだけどね。スバルは破壊してたけど。その辺もよくわからないんだよな。管理局のオートスフィアがしょぼいのか?
 資格昇格を図るのであれば、実際に任務に同伴させるなりなんなりで実績を残すかどうかで判断すればいいのに。そうすれば管理局の定めるランク規定にだって反すことはなかろうに。

 まあね。

 魔力素の結合を防止してどうするよ。AMFは魔力結合を防止するもんだよ。そして収束砲は魔力を収束して打ち出す砲。つまり、収束砲に必要不可欠な空気中の残留魔力の類はAMFの中では存在できないはずなんだよ。

 なんとも合理的な話だ。リリなの製作陣にも見習ってもらいたいもんだ。エセミリタリをやりたかったであろうことは何となくわかるけど、知識なくそういうことに手を出した結果があのざまだからな……。
 対処法もなくただ魔力を振り回すだけの存在を描写されたって面白くもなんともないというのに……。



 あー、めんどくさいねぇ……。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 あ~、そうなんだぁ。無視するにしても追撃で撃墜されそうだったから破壊したって事かな? それだったら身動き取れないようにして逃げるなりすれば良かったような。アレの目的は逃走中の犯人(一部のオートスフィアの破壊)して目的地に到着なんだから策は他にあったような……。制作陣の演出と言う事じゃな(ぁw

 管理局って無人兵器の類を忌避してるのかもな。質量兵器ってドンドン進歩すると無人兵器や無線操作が多くなりそうだしなぁ。無人兵器=質量兵器とまではいかんかもしれんがそれに似た感情を抱いてそう。何が言いたいかと言うと無人兵器はしょぼいんだよと言う事(笑

 それは無いだろ。安全に能力を測る為ってのもある。実戦じゃ本当に何が起こるか分らんし、管理された状況じゃないと無駄な犠牲を出しかねないぞ。そんな事になれば現場監督やら何やらで確実にもめる事になるしな。戦場じゃ無能な新人ほど怖いモノは無い。後、相手がどう動くか予想しきれないものも怖いがな。

 うん、そう。

 あ~、そうだったか。なのはの十八番だからと言ってそんな状況下で出来る訳が無いのか。もう駄目だな、制作陣。

 本当だよ、納得できる理由がないといけませんな~。
 中途半端なものほど困る者は無いよ。平和主義者とか理想主義者は言ってる事が一部正しいからホント余計に困るしな(何
 ホントだね。物語は対抗できる何かが居るからこそ面白い。物語は山あり谷ありだからこそ面白い。中にはハラハラ感がないが別の処で引きこまれる要素で面白いモノがあるがリリなのはそれが無いな。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます