2010/01/28

ウルド・ジーゲナン




 楽天家の盾剣兵さん





出演作品:リーベ・エアツェールング〈ナハト・シュベーツ〉

・ウルド・ジーゲナン

性別:男

好きな物:昼寝、どんぶり飯

嫌いな物:食べられないもの、苦いもの

得意:笑うこと

苦手:泣くこと

趣味:サーフィン

経歴:
レオナ・リルナインと同じ年に聖王教会騎士団に入団。以降見習い騎士として訓練を重ねる。
初の騎士隊規模の任務にてラヴィエッタと蘇馬に出会い、以降フォーマンセルでチームを組み任務に当たる。
決して数字としてよいチームではなかったが、ウルド自身の人懐っこさ、レオナの冷静さ、ラヴィエッタの和み、蘇馬の現実的思考がうまい具合に重なり合って良好なチーム仲を築く。
覇王事変の際には、ベルカ自治領の防衛を担当。バハムートから排出されるモンスターは難なく撃退したが、催眠とリンカーコア強化を受けた翔に、胸を貫かれ、戦線離脱となる。
その後、完治したのちさらなる修練を重ねる日々である。

家庭環境:
ベルカ自治領で生まれ育った、新時代ベルカ人。一人っ子であるが、両親祖父母は健在で、騎士団で働くウルドのことを誇りに思っている。

性格:
笑顔が絶えず、いつも笑っているような印象を持つ明るい少年。知人たちは彼が泣いている姿や怒っている姿を見たことがないほどである。しかし友人が侮辱されたり、親しい人間に危機が陥れば、激情をあらわにする、友誼溢れる少年。
戦乱ののちに復興を続けたベルカ自治領で生まれただけあって、騎士としての教育を少なからず受けてきたが、本人の性格的に適性はあまりないかも?と言われていた。が、幼馴染であるレオナが騎士団入りすると決めたとき、彼女の盾となり、彼女を守るために騎士団入りを決意。その胸の内に熱い炎を秘めた騎士である。
かなり広範囲の友好関係を持ち、少なくとも同じ騎士隊の面々とは面識があるほど。誰かの誕生日となれば率先して誕生会を開こうとするなど、かなりのお祭り好きでもある。

魔法:
ベルカ式としては珍しい、マルチタスクの素養を持つ。そのため、炎・氷・雷と言った三種類の性質変換を操ることができる他、防御結界を維持したまま移動をすることができるなど、かなり器用な魔導資質を持つ。
その気になれば転送魔法を習得することも可能であるが、「あんな複雑な式覚えるのもめんどくさい」と本人は習得を拒否している。


シールドブレイバー
盾の形と剣の重量によって攻撃と防御を両立した武器。聖王教会内でも攻式ディフェンダーが持つ基本武装。
攻撃力よりも防御力を優先されているため、刀身の幅こそ広いが長さはブロードソード程度であり、取り回しも容易い。その分殺傷力は抑え気味である。
聖王教会の騎士見習いが持つ武装としては、最も耐久度が高いため、割合広く頒布されているデバイスでもある。

ミスト・スクリーン
氷と炎の性質変換を利用することで発生する魔法。
霧を人為的に生みだし、敵の視界を遮る効果を持つ。
また、この霧を帯電させることで電波を遮断したり、霧の中にいる相手を感電させるなどの応用も持つ。

アイス・ミサイル
これまた炎と氷の性質変換利用。さらにもう一つ魔力カートリッジも利用する。
氷でカートリッジを覆い、カートリッジ内部の魔力を燃焼することで反作用を生む炎術式を埋め込み、ミサイルとして利用する魔法である。
氷を突き刺さし、内部に残った残存魔力を爆炎として開放するため、カートリッジ一本でなかなかの火力を生むことができる。

プラズマ・エッジ
氷と雷の性質変換利用。氷を通して電流を相手に注ぎ込む魔法。
場合によって、氷の形を剣だったり鞭だったりに変化させられるので、汎用性が高く、炎と違って室内でも延焼の恐れがない。

コンバート・ブレイカー
雷と炎の性質変換利用。
シールドブレイバーに対し、炎と雷の性質変換を同時使用するだけであるが、それぞれの効果を単独で使用するよりもはるかに高い破壊力を生み出すことができる。
ただしその分魔力消費も高いので使う場を選ぶ魔法でもある。




作者一口メモ:
蘇馬とチームを組ませるに辺り、バックボーン抜きで考えたオリジナルキャラクターです。
蘇馬がイメージ的に回避を中心に敵陣を飛び回るガードウィングだったので、前線にどっしり構えるフロントアタッカー……この子はガード主体なのでフロントガードとしての役割を与え、そこから派生させたキャラとなります。
使用魔法が、本編に比べて増えてますが、これは作中に出せなかった魔法群です。別に考える必要がなかった魔法とも言えます。というか個人がこんだけ性質変換できるって言うのも、凄まじいですな。
イメージCVは特になし。イメージキャラクターとしては、スパロボOGのアラド・バランがです。彼の明朗快活なイメージを、自分なりに表現したのがこいつになります。
以降の出番も危ういキャラですが、ラヴィエッタと一緒にいずれまた動かしてあげたいキャラですなー。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント