2009/11/22

( ゚д゚)<スルリトスベッテイクンダゼ

 SL隠しパーツ入手の旅、とりあえず確実に取れる足パーツに狙いを絞ることにしました。
 ミッションを規定回数、特定の脚部でこなすと、その足のパーツがショップに並ぶというものです。
 すでに中量級とフロートはあったので、他の足を出しています。あとは逆間接のみです。
 しかしまあ、中量はともかく、フロートを結構多用するのですな俺。フロートがすでに出ているとは。
 この際だから、フロートを生かすアセンでも考えてみようかしら。今んとこマシばらまきのみだし。
 それでは以下コメントレスー。



>akiraさん
 一応バブル時代の立役者である経済学者さんはバブル崩壊を予測して歯止めをかけようとはしたらしいけどね。それでものびる経済に周りが許さなかったんだとか。だからまあ、はじけるでしょうね。
 狂信者とは、“狂うほど信じる”というより“信じるほどに狂う”って感じですな。自分がくるってるとわからないからこそ狂うんでしょうしね。
 長期戦になる前に決着がつくという楽観視だったんだろうねぇ。戦場におけるどんぶり勘定ほど恐ろしいものはないね。
 へぇ、本当に面白そうですな。昔のソフトって、どうして隠れた名作が多いんでしょうね。おかげで中古ソフト店に行くたびに様々なソフトを探して回ってますよ俺は。しかもそういう隠れた名作、この辺にはだいたいないし……。
 実際にキラに感謝している人間もいるというのが増長に一役買ったんでしょうね……。最終的に死神に殺されたというのは、神を自称したライトへの皮肉なんでしょうかね、しかし。
 いずれたどるかぁ……。あんまりRPGをやったことがない俺にはまだ至れそうにない極致ですな……。
 気持ち軽いレベルの話を、今までより軽いと宣伝するのは誇大広告のような気もしますが……まあ、そんなもんでしょうねぇ。
 新鮮かもしれませんけど、手袋しながらだと微妙なキー操作ができないんじゃないですか?

>Allenさん
 どもですー。
 あー、あの死神を過労死させるゆうしゃですか。って言うか画面がキャラなのかよ。しかも勝手に死ぬのかよっ。……となると最弱ってわけでもないんじゃ。敵の攻撃を受けて死なない以上、弱いかどうか分からんわけですし……。
 へー。で、ダブルクロスは経験点でスキルを習得するタイプなわけですね。レベルが上がるとスキル上昇とどっちのほうがやりやすいですか?
 ですな。今のところ本当に西洋系なのはおぜう様だけですし。そのうちまた出てきたりしないかしら、西洋妖怪。ベアード様とか
 あー、フィギュアとかでかいですもんね。三十センチくらいありましたっけ、B★RS。
 ギガスレに関する御神託は、確か第一期辺りの話じゃなかったでしたっけか。ニセレゾの時に出てきたはずですし……。あれ、そのあともまたいってたっけ……?
 ですかー。それを聞いて安心しました。防御も回避もできるんなら、なんとかなる……かも?
 うーん、確かに特定のカードでなければ対抗できないみたいなカードは制限や禁止になるべきかも。でもサンダーボルトとか死者蘇生の制限は若干疑問。そこまで強力ってわけでもないんじゃ。
 味方ごと魔力吸収ですか……。そして死んだ世界から魔力は得られない、と。でも、魔力吸収を前にして敵も立っていられるとは思えない……って、回避はできるのか。
 ですよねぇ……。仲良くなれば鱗を一枚くらいくれそうな感じではありますけれど……。脱皮とかするなら古い皮をもらうとか。出来てそのくらいですかね。

>まさひろさん
 ですよね。試行回数を重ねれば、ある程度Sランクを取れるようにはなっているみたいですし。しかし逆に言うとある程度の腕がないとSランクはとれない、つまり初心者お断りってことですね……。
 そういう昔考えたキャラクターとかって今の自分がみるとどうしてこんなキャラを考えたのかって言いたいくらいカオスなことがありますよねw 俺も昔、手帳に手書きした小説のネタやらキャラやら発見することがありますけど、問答無用で黒歴史ですw 厨二病と言い換えてもいいなぁ……。



 ゆったりとレイヴン生活ー。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

 へ~。まあ、のちに問題になるって言われても多大な利益になるから止められる人間は少ないですからねぇ。
 二酸化炭素もだいぶ前に警告した学者は居たそうですが聞き入れられず問題は結局発生しましたしねぇ。
 中国はあれだ、富層が稼げるだけけ稼いで海外に高跳びってなイメージしか湧かないな(汗

 そうですねぇ。確かにコアなファンは後者だねぇ。
 前者も少なからず居るんでしょうけどねぇ。特にまだ産業革命が起こる前の時代とか……。

 楽観視だろうねぇ。どんぶり勘定は何処でもやばいだろ。いくら儲かってても何時不況になるか分らんしねぇ。キチンとやっておけば前兆くらいわかるかもな。

 ですよねぇ。ほんと、面白いのが隠れてるもんです。
 自分の近くはそれなりに見かけるけどねぇ。そこそこ都会に近いせいか。

 確かに感謝する人はそれなりに居るでしょうね。特に被害者とかその血縁がね。
 確かに最大の皮肉ですよねぇ。神と内実ともに自称出来る程の才能の人物が油断による失敗で最後は死神の手によって終わりを迎えるなんてねぇ。

 まあ、至らなければ至らないでいいんですけどねぇ。

 実際軽いんだから過大広告じゃ無いでしょ。そこら辺が難しい処(何

 それなりに薄い奴、保温性もそれなりにあるよ~。