--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/07/09

( ゚д゚)<モウスグツギノハナシダゼー!

 ああ、これでようやく終わる……。
 二つの戦いが、ようやく……。


・異世界ラブコメ大作戦「あふれ出る意志力」


 王都反乱編、終結!!
 以下、コメントレスー。



>ナナシさん
 こんにちわー。
 ですよねー。感応がなけりゃ、必中の使えるキャラくらいしか出せなくなるレベルですし。ほぼAの時のシステム……ってのもおかしいけれど、照準値がないのはいたかったな……。
 その辺のリアル事情はおっかないですしね……。まあ、笑い話としてさらっと流すのが正しいですかね。俺はそういうのすらなかったって言うか、援護システムすら活用できなかったって言うか、そもそもカツとボスを必死に使ってた時点で何かを間違えてたっていうか……。ボスはともかく、何でカツをあんな必死になって使ってたんだろ、昔の俺。
 まあ、その辺、公式が全く語る気がないんですけどね。バックボーンゼロってレベルじゃねーんだよな。そもそもアルハザードの遺児って、ソースはどこなんだ。主に原作の中でのことですけど。
 良くわからない物を良くわからないまま使うってのは、現実でも結構あるでしょう? そうやって人間はたった二千年ちょっとで宇宙まで飛び出すようになったのです。まあ、ロストロギアとじゃレベル違うんですけどね。
 なんて言うか、納得できてしまうなぁ。何しろ次元世界そのものが滅んでるわけだし。聖王時代って、かなりギリギリな環境だったんだろうなー。
 そんなもんじゃないですか? 王族ってのは国の象徴ですからね。何をしても、最強であってもらわないとって話でしょう。というよりは、王族をいかに強く改造できるかが国のレベルに直結してたんじゃないですかね? 王族を改造するとなれば、国の最高の技術者たちが改造するんでしょうし。そんな中を武技だけで切り抜けようってのが、そもそもおかしいんだろうなぁ。オリヴィエだって最後にはゆりかごに乗ったわけだし。



 だがしかし、まだ終わらない。完了してはいないのだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ほっと一息…だけども、辛い現実もいくらか。
魔王軍と和睦を結べるのはこの状況でもかなりいいこと。
それに、隆司とソフィアさんもひと段落の様子。
光太と礼美が最後に決着をつけて完全に一息、なのはいいんですけど。

サンシターと真子さんはもう少しだけのんびりしてほしいところ。最大級のパワーアップの引き換えにしたのが何かはまだ分からないですけど、生半可じゃないんでしょうし。
後は、真子さんがサンシター押し倒して朝チュン迎えるだけですね。

カレンさんは失恋。
何も言えないのですが、次もいい恋見つけてください。
でもまあ、相手があのぶっ飛んだ男じゃ、ついていけないのも仕方がないかなぁ、と思わなくもないですね。

そして、アルト王子。
ご心中、察することは正直できませんが、辛いことをよくやったなぁ、と思います。
助けることはできませんでしたが、ほんの少しだけ、助けれたかなぁ、と思えるだけ良かったと思います。
…王子も、ガルガンドを決して許さないでしょうが。

しかし、まあ、爺さん本当、好き勝手やってくれましたね。
ここからは反撃、と良ければいいですけど、そう簡単にもいかせてくれそうもない爺さん。
魔王様達とも共同で戦線構築とかになるのかなぁ?
それとも…宰相さんとかに暗殺されないことを祈っておこう。


それでは~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。