2012/05/21

( ゚д゚)<ヒナンヒハンドントコイ!

 隆司が旅の話を終えたその頃、魔王軍野営地に通信が入る。
 その通信を聞いた、魔王軍の行動は?


・異世界ラブコメ大作戦「魔竜姫。その名の由来 ―マナ編―」


 なに? 無理がある? うん! 知ってる!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんにちは、ナナシです。

 ゆりかごの運用に問題があったのは否定できませんね、せめて月の魔力無しでもある程度は自衛できるとか、一発限りでもいいから超兵器をぶっ放せるとかが出来ればハッタリを効かせて、もう少し善戦できたかもしれませんけど。何気にアルカンシェルを持ちだしたあたり、管理局の方も結構危険視していたにはしていたのかな。アレ、星の上で最大出力をぶっ放すと尋常じゃない被害出すらしいですけど。でも、戦略兵器級のアルカンシェルが抑止力になって戦争やらが抑えられている面があってもおかしくないのかな? 古代ベルカもゆりかごの装備を見る限り、侵入される事を想定しているし、あの世界では航空兵器は基本的に超破壊力の兵器の砲台で、直接戦闘は航空魔導師に任せる基本戦術でもあるんではないかと勘繰りたくなる…さすがに戦闘機とかはあるだろうけど。
ヴィータのあのハンマーは普通に対人戦で使っているというね、あいてはEC感染者だけど。正直相手が凶悪すぎて、殺害も已む無しな展開ですね、生け捕りを狙っても危険すぎるから無理は出来ないし。

 スフィアは次元力を引き出す力を持っているけど、元々の発生要因からして機動兵器の動力として生まれたわけではなさそうなんですよね。ただ、傷だらけの獅子が手のひらサイズなのを除けばみんな凄い大きさだし、ロボット大図鑑でのアリエティスがスフィアの運用を前提に作ったという記述から見ても、恐らくは機動兵器に乗せるのが一番効率の良い運用法なんでしょう。ロボットに乗せる動力機関というコンセプトではなく、動力を効率よく使うためにロボットに乗せているという逆の関係とみた方がいいかと。まあ、生身でスフィアの力使って戦うのはさすがに無理でしょう、あのガイオウ様ですら生態兵器みたいな改造された結果のようですし…今川作品の連中を引き合いに出すのは勘弁で。