2012/04/14

(*゚д゚)<ヤッパリスパロボハイイナァ

 まずはコメントレスー。

>今回の異世界ラブコメで、究極の肉体の件でロックマンX3を思い出したなぁ。最強の戦闘用ボ
>ディを作ってたのは、結局またも復活したあの野郎のためだった…。

 あー、奴もそういう発想に至るんですねぇ。っていうかいい加減しつこすぎないですかね。いくらウィルスな性質があるからって。
 いい加減天に還るべきだと思うんですけど、完全消滅させることができるんですかね?

 以下、ネタバレ上等の再世編感想ー。


 第二次スーパーロボット大戦Z再世編、またの名を「ユーサー・インサラウム、一世一代の頑張り物語」。
 いや、割と冗談抜きで、主人公はユーサーさんでしたな……。ジェラウドさんが死んで以降の成長具合が目玉が飛び出るほどでした。最終的には科学者ばあさんは愛国者に、化け猫マリリンもユーサーさんに忠誠を誓うほど。自分の死を持って、五億のインサラウムの民たちに未来を与えたのも凄まじいし。なんなんだあいつ。最初にアンブロババアがいらんことせんかったら、普通に移住で来てたんじゃないだろうか。間違いなく、第二次Z世界でもトップクラスの執政者だよ彼。
 まあ、その一端にスフィアが絡んでるのかと思うと、素直に喜べませんが。出てこないとか思ってたスフィアがまさか出てくるとは……。いや、ちょっと考えたらわかりそうなもんですけどね。インサラウムのすべての機体の元になってるのが聖王機で、インサラウムが次元力を応用してんなら、当然その大元がなんか強大な次元力を利用しているわけですしねぇ。
 そしてラスボスがユーサーさんじゃなかったって言う。OPでの見た目から、てっきり聖王機だと思ってたんですが、まさか似たようなシルエットにトランスフォームなさるとは思わんかった。ラスボスにふさわしく、ボスボスこっちの機体叩き落としてくださるし。マルグリットなんか、速攻で叩き落とされたし。
 そして使命の一端も判明。しかもガイオウ様はそれに失敗して敗走したとか……。あのガイオウ様が負けるとか、どんだけだバアル。その一部は、間違いなくアンチスパイラルなんでしょうけれど。
 ガイオウ様以外にも、あと三体似たような輩がいるそうですが、ガイオウ様は使命じゃなくて闘いの方に意味を見出しちゃってドロップアウトだとか。手段が目的になっちゃったわけですな。
 でも、その一方で真剣に使命に関して喋っていたガイオウ様も本物っぽいっていうか、本当のガイオウ様って感じだったんですよねぇ。
 結局最後はホットドックを食べたいといって天に還られたわけですが……他の次元将ともまた戦うことになるのか、次は共闘することになるのか……。
 アサキムは、今度こそZONEにばっちり封印されて、その守り人はインサラウム聖王国。もう二度と見ないとなると、あの厨二病患者がもう見れないかと思うと、若干さびしいですなぁ。
 総じて、大変楽しい作品でしたよ! クロウは完璧に三枚目だしw ガンダム00で有名な、想い人の名を想うシーンで、一番初めに借金返済……とかつぶやきやがるしw 不意打ち過ぎてw
 是非に第三次Zやってほしいですよ。グレンラガンも、ちゃんと終わりまでやってほしいですし、またクロウたちを使いたいですしね!
 あ、そうそう。最後に一言。
 クロウ、モゲろ。何をとは言わんが。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント