2011/11/02

( ゚д゚)<サギョウリョウハンパナイヨコレ

 マインクラフトというゲーム、特別目的がないとただダラダラ石掘ったり砂掘ったりと、際限がなくなるんですけど、目的を持っても石掘ったり砂掘ったりと際限なくなる時があるんです。
 その一例の動画がこちら。




 いや、これ努力がどうとかそういうレベルじゃないです。
 20×20の範囲を岩盤層まで掘り抜くのもしんどいのに、半径128の半球ドーム作るとか。死ねます。
 何とも尊敬したくなる実況動画ですよ。あと黄金バットもよろしく!
 それでは以下コメントレスー。



>Allenさん
 どもですー。
 なんで前線運用してたのか謎のレベルですよね。理由としては、要員が足りなかったからなんでしょうけど。いやまあ、元々のコンセプトは軍事とか警察とかそういうのほとんど絡んでなかったからなんでしょうけどね。バインドで行けるならほかのだって余裕でしょうね。そもそもそういう仕様に特化した、旅の鏡なんて魔法もありますし。ああ、鉄腕ね……。あれって、どうしても十万馬力のロボット思い出すんですけど、まさかそのまんま剛力ってことはなかろうか……。
 さいですかー。残念。話としてはおもしろそうだったのですけどね。きな臭いことやって胡散臭い結果しか残らないんじゃ困りますよw それはただの悪の組織だw
 時止めの設置を突き詰めたみたいのキャラですからね。装甲は紙になるのかなぁ。そうなると、いかにゲージをためるかが肝になってきそう。そうなんですかー。でも確かに発想の勝利だよなぁ。カニミソ流とかアオバの人とか、もはや謎の技術ってレベルじゃねーぞ……。
 理屈としては、波動かなんかにあてられてるんですかね、それ。クトゥルフの呼び声は、クトゥ様の電波にあてられてって話ですが。まあ、蝕の時点でSAN値がごっそり持っていかれてるんじゃ、見た目くらいじゃ大したことは……。あれ、クトゥルフTRPG的にはもう自殺か引きこもりレベルのSAN値減少ですよね? なんで大丈夫なんだよw
 ああ、あったんだ部位破壊。でも、それより先にボスが死ぬとか……。やっぱりRPGと部位破壊は相性が悪いんだな……。特におまけ要素が強いと。

>ナナシさん
 こんばんわー。
 そんな見た目で要素決めてあげないでよw それに、それ以外のキャラ要素身に付けて帰ったら、ほむほむ泣くよ……?
 問題はそこですよね。明確な描写がないせいで、はっきりしませんし。ただ、アリエティス自体の出自がなんかめちゃくちゃ怪しいっていうか、変質してるっていうかみたいな見た目ですからねぇ……。スフィア自体の能力説を俺は推したい。後者の場合は……スフィアが次元振動に関係するエネルギーを取り出せるか否かってところですか。そもそもスフィアが発するエネルギーがよくわかってませんし。特別描写もないですよね?
 その辺、ひどくあいまいですからなぁ。ノーヴェの顔が広いっていう設定なら別にいいけど、それにしたってどうして顔が広いかくらい説明があってもいいのに。豪快で姉御肌……それが何であんなニートにw まあ、それはともかく、そんな設定の聖王様が出てきたらアインハルト涙目になりそう。おもに存在意義否定的な意味で。なんか覇王が守れないから悔やんでるっていう話聞いたら一刀両断しそうなイメージが。「そんなの弱いお前が悪い」って。そういう設定の二次創作かぁ。まずは聖王様の生存理由の確立、あとは何で消えるのかっていう理由、そもそもどうやってノーヴェと知り合ったのか……。この辺りに説得力が出れば面白くなりそうですね。ノーヴェがvividのチームナカジマを指導している強い理由にもなりますし。



 俺はこんなもん作る気力はないです……。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ども、Allenです。

まあ、前線出てた時ってのは確かに頭数が足りない時でしたね。あの辺のポジションに関する考え方はいつ頃からあったのやらという感じではありますが。ミカヤさんが敗れたときの奴だと、何かシルエットだけって言う感じになってましたが……アレなんか無傷っぽく見えるんですよねぇ。

まあ実際、ユグドラシルは開くといいきれる組織ではありませんからね。それ故に、涼二も全体を巻き込むような復讐はしないようにしてる訳ですし。

原作でも、ほむほむってあんまり防御能力無かったみたいですしね。時止め用の専用ゲージとかあったりするかも。師範代やアオバの人は、確かに複雑に組んでそうですよね。

実際に復活したら大変な事になりますからね、クトゥルフは。まあ、それでも神話の中で最強の神と言う訳では無いんですが。ガッツはアレですよ、狂気の方向性が化け物に対する破壊衝動になってた感じの。

確かに、実際おまけでしたね、アレは。別にやったからといって追加報酬があるわけじゃなかったですし。精々、尻尾振りが避けやすくなる程度です。