2011/10/15

( ゚д゚)<ワンチャンアレバカテルー?

 MUGENキャラが作りたい症候群にかかっています……。あくまで思うだけなところがミソ。
 いや、昨今AKOFや手描きキャラ勢がたくさん出てきて、俺も作ってみたい!ってミーハーな感情が湧きあがってるんですよ。おもにこの動画のせいですが。





 オールスターってわけじゃないけど、スゲェバランスが整ってて手に汗握るんですよ。特にボーナスゲームなんてほとんど差が出てないし。
 六勢力のどれが一押しなんて決められない! だってみんなかっこいいんだもの!
 まあ、キャラ作るとしたらつぎはぎみたいなキャラになると思うんですがね。
 それでは以下コメントレスー。



>Allenさん
 どもですー。
 実際、二次創作とかだとそうやって相手を倒したなんて例もありますね。SLBなんかだとチャージした魔力の塊を相手の勢力内に叩きこむだけでも、結構なダメージになると思われるんですがね。さー、どうなんですかねぇ……。そのあたりに関してはほとんど言及されてないからなぁ……。ただ、並列思考というか多重構成型と思われるはやてがキャロ単体に落とされかねないって言われている以上、一概にそうとも言えないようですが……。
 使うだけなら、ルーンがあればいいけど、コントロールとなるとそう簡単にはいかないわけですなぁ。その辺人工ルーンとかどうなるんだろう。
 ですねぇ。DMCキャラは大好きなキャラだから、ちゃんと完成させてくれれば……一応現時点で100%だったっけ、完成度。
 さすがにノンリスクじゃチート過ぎるでしょうしねぇ。ダメージは使用する限りは残り続けるでしょうねぇ。
 それは本気でロマン武器だなぁ……。リスクを凌ぐリターンがないとつかわれない武器だなぁ……。装備してるだけでHPがモリモリ回復するとか。



 作りたいキャラは、覇王丸の斬鉄閃みたいな隙が大きくて威力高い通常技を搭載した一発やなキャラ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

こんばんわ、久しぶりのコメントです。

結構前の話題ですが、もしも女神まどか様がエンドレスフロンティアに行ったら、絶体絶命の危機に超良いタイミングで登場するツッコミエージェント風か、並行世界のオタ知識を吸収した妖狐風か、決めようとしてもイマイチ決めきれないキザ生物風になるか……まあ、魔法少女的にそんなの絶対おかしいキャラですが。

スパロボの話、後編の引き継ぎに備えて第二次Zの集会を重ねていたところ、太極は「砕かれた」じゃなくて「砕けた」と言われていたので、前に行ったケイサル・エフェス的な太極を砕いた存在は居ないんじゃないかと思いなおした次第です。適当な発言を失礼しました。
ジ・エーデルは割と何でもありな感じでしたけど、スフィアを模造したスフィアモドキによる次元力の限定制御だけであのレベルですから、覚醒が進んだスフィア・リアクターもあんな感じの事が出来るのかも。まあ、覚醒が進むと基本的にまともな状態じゃないですけど。

以下、強引に本編との整合性を合わせた、嘘っこ聖王オリヴィエ様です。
本編ではアインハルトの記憶しか証言が無いから、事実なんて幾らでも捏造できるよねと言うフザケタネタです。本編とは一切関係ありません。

 夕食後の居間、オリヴィエとノーヴェは並んでソファーに座っていた。今日は仕事の都合で二人以外は皆外出中である。

「アインちゃんの事なんだけど」
「あいつがどうしたよ」

脈絡もなく、他愛もない世間話のようにオリヴィエが切り出した。オリヴィエがアインハルトが出会って早一週間。特に険悪な印象もなく、過去の因縁や記憶云々の割には和やかな交流をしているというのがノーヴェが感じたオリヴィエとアインハルトの関係であった。

「あの子が持ってる覇王の記憶と私の記憶は結構違うんだなって」
「違うって、内容がか?」
「内容、って言うよりは印象かな。覇王から見た私ってあんな感じだったんだなーみたいなね」

遠くを、もう過ぎ去った遠くの出来事をオリヴィエは思い出す。

「あの子が思ってる聖王と覇王は、互いを思い合ってる恋人のようなそうでないような感じなんだけど、正直私は覇王についての記憶はそんなに無いんだ」
「兄弟みたいに育った…なんて文献があるけど」
「兄弟みたいなんて、私は人質同然の扱いであっちに行ったんだよ。身の安全を考えても下手な事は出来ないし、政治的な面からも絶対に失礼が無いようにって念を押されたからね。あっちも同じような感じで、傍から見てても気を遣い合ってるのがミエミエの何とも気まずい関係だったよ」
「……それは、また何とも」

ノーヴェの脳裏に覇王の過去を語る涙交じりのアインハルトの顔がよぎる。あの一途な思いと信念の土台であろう覇王の過去が偽物だとは思えない。考えられるのは、記憶の意図を読み違えたアインハルトの勘違いか、覇王自身の勘違いか。

「どちらにしても、報われねえなあ」
「何が?」
「いや、こっちの話」

ノーヴェの呟きは軽く流し、オリヴィエはでもね、と付け加える。

「どこに行っても、王位を継ぐとなった時からの生活はそんなものだったよ。王としてふさわしい態度と心構えを何時でも期待された。普段の生活でも、戦場でもね」

表面を取り繕った臣民に見せる高貴な王族の威光。数多の強者猛者の御膳立で手に入れた武功。全ては周囲の協力による虚構でしかないが、国を守るための王の義務であると納得している。オリヴィエは常々そう口にしていたし、祖国を強く誇りに思っている。少なくともノーヴェはその言葉に嘘偽りを欠片ほども感じた事は無い。ただ、過去の話をする彼女は時々少しさびしそうに見えた。それでも。

「だからね、王様じゃなくても良い今の生活は夢のようだよ」

慎ましやかな花のようにほころぶ笑顔が出来るなら、そんなことはたいした問題にも思えなかった。

「そうか……確かにいい夢だよな」

本来ならば、戦闘機人として生み出されたノーヴェも今のような生活ができる筈が無かった。ただ様々な偶然が重なって―具体的には、数百年間ほったらかしの聖王の揺りかごを動かそうとしたらオリヴィエの方の調整不足やら揺りかごの諸々の経年劣化から、あわや世界を一つ二つ滅ぼしかねない暴走が発生し、成り行き上世界を救ったものの消耗しきったところを管理局に捕縛された―今の生活がある事は重々承知の上だ。だから、この生活を大事にしていきたいと思っている。

「なあ、オリヴィエ」
「なんだい、ノーヴェ」
「この素晴らしい夢をより一層輝かしく彩るためにも勤労の喜びを味わってみないか、とりあえずアルバイトの伝手は幾つかある」

ノーヴェはにかっと、力強く微笑んだ。
オリヴィエは慎ましやかに微笑み返し、聖王的にスタイリッシュに衣装を整えた。

「夢またはドリーム、それは心(カケラ)が生み出す光であり影であり、はたまた月か太陽、小宇宙(コスモ)か銀河(ギャラクシー)か、無限にして永遠でありながら有限にして虚無である。二律背反のアンビバレンツ。万華鏡のごとくクルクルと姿を変え、決して実態をつかませない心(カケラ)の幻影(ミラージュ)。現なのか幻なのかもわからない脆く儚い砂上の楼閣のようにも見えるし、難攻不落の鉄の城なのかもしれない。悪魔(デモン)が囁く、この世界は真実か誠か嘘か虚言か偽物か……卑劣で理不尽なこの問答は出せもしない根拠を出来るわけがない方程式を残酷なほど無情に無残に慈悲無く要求してくる。真実を謳おうが嘘を吠えようが結局は同じ事、どちらも正解(グッドアンサー)であり不正解(バッドアンサー)、それを決めるのは心(カケラ)というあまりにも不確かで不安定で欠陥だらけのようでいて何よりも価値があるようにも見える淡い宝石……つまりは、夢から覚めたら本気出す」

降り注ぐのは聖王の至言である。スタイリッシュな衣装とポージングはその輝きを太陽に匹敵するものへと昇華させる。

「そうか」

ノーヴェは笑顔のままだった。一切表情が動かない固定された笑顔のまま。

「全くお前はとんでもねえ厨二病だよ………なんていうと思ったかよおおお!」

一瞬。一切の無駄を排除し、計算されつくした軌道を一ミリのずれもなく完璧にこなした体捌きは聖王をあっさりとソファー上に押し倒す。速さ、間合い、時間全てを超えたどこぞの奥義を彷彿させる動きの前に、聖王は息をする魔すら与えられなかった。

「お・ま・えは! いい加減に働けよ流石によぉ!」
「いや、その現世の方式(ロジック)に……」
「その言い回しはいらんわ! お前、めんどくさくなったらやたらめったら回りくどくて分かりにくいセリフで煙に巻く癖あんだろ、周知なんです見抜かれてるんですその癖は!」
「この台詞(ワード)の使い方は聖王的台詞選択(セイクリッドワードチョイス)的な、あれやこれやで」
「思いっきり嘘つくな! お前、最初っから私の前以外では大体素だっただろ、普通の喋り方だろ! つーか最近は私の前でもめんどくさくて素の喋りだろ!! 喋り方はこの際後だ、働けよ!!!」
「それなら、喋りは普通にするけど。勤労は……まだ問題ないし来週辺りから本気出す」
「出せ、今すぐ出せ! まだなんて言葉は温い!! 何時までもゲンヤさん家に居させてもらうわけにはいかねえんだぞ!!」
「ゲンヤさんは養子になればって常々言ってるけど」
「いや、流石に悪いだろ何時までもいるのは」
「何時か家を出るにしても、ノーヴェが私を養ってくれるから何も問題ない。家事はちゃんとやるから頑張って稼いできてよ」
「堂々とパラサイト宣言すんじゃねええええ!!!」

もはや、単なるじゃれ合いと化した二人の談笑は、他の家族が帰ってくるまで続くのであった。