2011/05/12

( ゚д゚)<コジンテキニハビッグオートカイチオシ

 さて、二週目もクリア目前に参りましたスパロボZ。ここいらで個人的に感じたクリアのコツなんかを。
 とはいえ、レベル99修理機とか全滅プレイとか一週目に使っちゃうヌルプレイヤーなんですんで、偉そうなことは何も言えないんですけどねぇ……。
 とりあえず、サクサクプレイを目指すならキリコは一押しですね。個別のフル改造ボーナスがクリティカル率アップ、全体として選択できるのもクリティカル率、強化パーツにクリティカル率を選ぶと、鬼のクリティカル率です。クリティカル時の攻撃力が1.5倍になる精密射撃が光ります。常時熱血状態です。機体のサイズ上、サイズ差補正無視必須ですけどね。ゼロで残りHP10にしちゃうと、一般兵無双が楽しめます。
 あとはグレンラガン。シモンのエースボーナスが気力130の状態で出撃できるものなので、むしろ育てないと損です。後半から登場するロシウはマイターンノーコストで不屈がかかるというものなので、生存率も高い!
 お勧めとして挙げられるもう一つはダイ・ガードです。補給機&基礎能力が低め及び三人乗りということで、某ボスボロットを思い出しますが、エースボーナスが魂を覚えるというもの。サイズ自体は小さいですが、スーパーロボットが魂を覚えるのは彼と万丈さんだけ!
 リアル系でお勧めなのは、アルトのバルキリーではなくミシェルさんです。フル改造ボーナスが出れば、精密射撃の威力が上がるうえ、女性と隣接させるだけで命中率と回避率が上がるエースボーナスまであります。
 レベル99に抵抗がなければ、当然ゼウス勢もお勧め。特にアムロさんのフィンファンネルの火力は鬼です。二回ともクリティカルとか普通に出る再攻撃がたのしすぐる。
 最後になりますが、カレンの乗る紅蓮もかなり強力。フル改造ボーナスとカレンのエースボーナスが火力特化な上、最強攻撃の輻射波動の射程が長めなので、ボスボス敵が落ちていきます。ランスロット? ちょっと長めのスポット参戦さんが何か?
 と、いろいろ書きましたが、結局最後のメンバーを決めるのは愛ですかねー。使ってて楽しい機体とそうでない機体はすぐにわかります。どんなに射程が短かろうと、必ず使ってしまう機体。かなり便利だとわかっているのに倉庫番になってしまう機体。必ず誰にだってあります。
 そういうのを愛でるのが、やっぱりスパロボの醍醐味ですねぇ。
 それでは以下コメントレスー。



>セブンウィンズさん
 いやぁ、急にエクスクラメーションマークいっぱいにユノはやの愛を語られてしまったので……。
 心境としては、砂漠でのどが渇いた人に遭遇した気分でしたw

>Allenさん
 どもですー。
 ああ、みたいですねぇ。一番わかりやすいのは、自分のクローンに転生してるアドラーですかね。ムラクモも同じ方式で転生してますけど、完全者がよくわからん。ははは、超科学による古代から来たオーパーツですものねぇ……。超、SFやなぁ。
 踏まれたのか論文。そんなのばっちり残しておくなよ……。言い逃れすらできんよ……。さすがにそれだけで失脚はしないでしょうけど、相当不利な状況になりそうだなぁ。
 やっぱり、それはやり込みプレイヤーには垂涎のネタですね……。攻略ページ作っちゃうほどにのめり込んじゃう人だって出るわー。
 ですかねぇ。でもコルゴン理論だからなぁ……。わかってはいても一抹の不安が残るというか……。なぜでしょうね。
 あるあるw 俺もそんな感じでこの世界に片足突っ込んじゃった口ですしw 二次創作を支えるのは、やっぱり愛ですよねぇ。
 元々そんな感じでの登場でしたしねぇ。しかしフリズの能力……。サイボーグ009? 懐かしいネタだなぁおい。職業ですらないし……。
 あれ、誠人単体? 似たような能力もちの椿さんじゃやはり勝てませんか。進歩なのかそれは……? バストサイズはトップとアンダーの差だからなぁ……。アンダーがしまっちゃうと、実質的な大きさは変わらないことに……。おいおい煉君のライバルキャラやはりおにゃのこかよ! しかもBかよ! フリズさん、敵にすら負け、その前に勝てる相手がいないのか……。
 やべぇ、そんなことされたらだれも勝てねぇ。型月世界のタイムトリップ理論がどうなってるのか知らないけれど、それやられたらすべてが解決しません? いろいろと。
 いえいえ、そういうコレクターズアイテムを、何の努力もなしに金だけで手に入るっていうのが、なんかこう、ねぇ? そういうのはそれこそ一桁台の確立に身を投じて手に入れてこそ輝くってもんですし……。



 クロウさん? 主人公をディスる人なんているの?
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

ども、Allenです。

あいつらはまあ、自分の転生先を予め造ってから転生してますからねぇ。ランダム設定にしてる完全者よりは確実でしょう。今度はアノニムだったみたいですけども。

まあ、論文を信じなかった所為で村一つ分の住人を皆殺しにしなくちゃならなかったわけですからね。それだけでも十分な弱みにはなると思いますけども。

作りこみ方が凄いRPGって意外とありますよね。夜闇に響くノクターンとか。まあ、堀内は手間をかけずにやりこみ要素を増やして行った感じではありますけど。

まあ、何か一部抜けてますからね、コルゴンの考え方って。一応、アザリーからは目標を達成する能力においては保証されてはいましたけども。

うちが二次創作とかにはまった原因はオーフェンでしたねぇ。当時刊行されてた分では読み足らず、色んな話を読みたくなってネット上の小説を漁った覚えが。

フリズの能力覚醒は恐らく112話ですね……明日書きます。恐らく全メンバーの中で一番戦闘向けの能力だと思われますが。

その辺はまあ、《欠片》のルールがフラグになってる訳ですが……誠人と椿はある意味セットの扱いです。
煉のライバルに関しては今書いている所ですが……うん、色んな意味でやばい性格してるなぁと思いますね、我ながら。

まあ、過去の相手自体がその魔法で消し飛ばせるかどうかと言うレベルだった場合は無理になりますけども。でも青子先生はサーヴァントと普通に渡り合えるレベルじゃありませんでしたっけね。

コレクターズアイテムって言うより季節ネタですかねぇ。クリスマスとかハロウィンとか、それにちなんだアイテムを有料で配布してる感じです。