2016/10/10

気の向いた時に更新系二次創作

 先の記事での宣言どおりに、黙示録更新ですよー。


無限書庫黙示録 “格致日新のガンナーズ”


 本日も黙示録成分ましましでございます。
スポンサーサイト
2016/10/10

( ゜д゜)<・・・・・・モウナンカホントダメネ

 気が付いたときには十月になっていた件について。なんか風邪気味な感じもするし、いよいよ駄目になってまいりましたサイモンです。
 もう何が駄目って、そこがわからないのも駄目ですね……。あらゆるすべてが駄目ですよ、ホント……。
 最近はfallout4もPCスペックの関係でプレイ諦め気味。とりあえず、今度新調するときはガチもんのゲーム用PCを用意しよう……。
 あと、最近挑戦してみようと考えてるのは株、というかデイトレですかね。月収50万位とかすごい憧れますね。現在手取り17万程度なんで……。
 なんというか、「幸せになるために働くのは理解できるけど、そのために過度なストレスをためること」に疑問を覚えております。まだそこから脱却できるだけの自信や根拠はないのですけれどね……。
 まあ、暗い話をしていても仕方ない。同日に無限書庫黙示録を掲載しつつ、コメントレスですぞー。


>田川右京さん
 こんばんわ。うっかり毎月更新をすっぽかしてしまったサイモンです……。具体的な御値段提示されているのがなんかリアルでいやだw まあ、それは置いておくにしても、こびり付いているってのはわかる気がする……。さりとて、そぎ落とすだけの勇気もない。そぎ落とした時に、なんか別のものも一緒に落ちていきそうですね。
 私、劇場で見た怪獣はあのゴジラがはじめてなんで、あれがデフォルトになりましたよ。一応、モスラとかが全盛の時代生まれなんですけどね? 今まで怪獣映画っていうと、メインが怪獣で、それ以外が割りとおまけ名印象があったんですけど、完全にそれを覆されましたよ。怪獣と言う災害に対して立ち向かう、人間の、日本の底力を見せ付けるための映画って印象でしたね! スピーディーな展開だったのも、よかったですよね。なんと言うか、中弛み的な感じが一切なかった。全編緊張しっぱなしでしたね! ラストとか、ずっと祈り続けておりましたよ。あの世界、今後ゴジラとどういう風に向き合うのか気になりますけど、きっと続編はないんだろうなぁ。
 それがいつになるにせよ、しっかりと受け止めていかねばですね。作品代わりますけど、FGOのヒロインが代役交代しただけでも、結構賛否両論と聞きますし。と言うか、システム自体は相当前に完成していて、その後の追加システムは飽きさせないための工夫って考えてますねぇ、俺は。参戦作品数に応じて、ツインユニットだの小隊システムだの取り入れてますけど、なんだかんだで結局シングル出撃に戻ってきてるような気がしますし。
 で、ミストさんがミスって地球側に捕虜取られるまでがデフォルトですねわかります。即刻送り返せ。まあ、それは置いておいて、どこかの情報誌にそんな話が掲載されていた、程度のレベルの話ですから、まだ確定ってわけでもないんじゃないでしょうか? ただまあ、Z軸に関しては、すでにAで別世界の存在が証明されてますし、OGs世界が実験のフラスコ?的な言われ方してますから、遅かれ早かれなのかもしれませんね……。
 いよいよ始まりましたね、オルフェンズ二期。なんか、尺が足りねぇとか不穏な話もございますけれど、実際どうなんでしょうね? 前期が前期だから、穏やかにとは、到底行かないでしょうけれど……。団崩壊にしても、内乱はやめていただきたいところ。
 SEEDのガンダムって、そもそもあの形状になったのはなんでだったんですかね……? 劇中じゃ特に語られていた記憶がないんですよね。プラントのジンに対抗するために人型でビーム兵器積んだMS開発しましたってのはわかるんですけど。まあ、その辺はファーストを意識していたんでしょうかね。OOの場合は、最終的な目的が地球外生命体との対話だったから、人間そっくりに作ったんだと思いますけど。その辺を考えると、オルフェンズのガンダムが人型なのは、戦うため、と言うシンプルなものだったりするんですかね?
 新しい作品に挑戦してみる、が一応の課題ですかねぇ。なろうで小説を書いているときの話になるんですけどね。一応前作とは違う形式で作品を完了させてみるんですよね。読んでいただいている方たちに飽きさせないため、ってのもあるんですけど、それ以上に自身が飽きないようにするために。それがきちんと果たされているかどうかは、わからないんですけれどね。


 叶うことなら、もう一話上げてみたいなぁ、黙示録。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。